RSS | ATOM | SEARCH
新たな美味発見、NZ牧草牛!
昨日、ビーフ&ラム・ニュージーランドのイベントで、アンダーズ東京に行ってきました。

NZからシェフのマーク・ソーパーさんが来日、ホテルの料理に加えて2品をデモ&提供しました。
彼の料理、素晴らしいのです。(ホテルの料理も美味しかったです)
様々な食材や調味料を駆使するのですが、その各々に一切の破綻がなく、素材の持ち味が
活かされ切ったもの。
特に、ブリスケットを使った料理が秀逸。この一品、ここ数年食した中で最高だったかも!
大変な才能です。
無論、肉自体もうまいのですが。

「シンプルな料理が素晴らしい」これは最近の決まり文句ですが、複雑な調理工程も持ち味を活かす、
そのことをあらためて認識させてくれたのでした。

NZ牧草牛は、僕の近くだと「日進ワールドデリカテッセン」(麻布十番)で買えます。
こんな料理は無論できませんけど。
 
author:石原隆司(イシハラタカシ)
1965年東京・上野生まれ。立教大学観光学科卒。演劇音楽評論家・シアタープランナー、食の評論家・飲食プランナーとして活動、“A級グルメの町”島根県邑南町(おおなんちょう)“食のPR大使”を務めるなど、町起こしにも注力!, category:-,
08:22
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.vintagewine.jp/trackback/230