RSS | ATOM | SEARCH
Bean to Bar Chocolate Minimal で素敵な勉強!
昨日、渋谷区富ヶ谷の同店でのワークショップに参加、チョコレートの勉強をしてきました。

世界各地のカカオを自社で焼き、チョコレート・バー等を製造・販売している、
今話題の店兼工房です。

詳細は省きますが、1名5400JPY(ワイフも一緒なので倍)で大いなる勉強。
豆の発酵具合、そして産地・品種等で味や香りが非常に大きく異なります。
そのことを、あらためて認識しました。
その差異の大きさは、もしかするとコーヒーを上回り、ワインに匹敵するもののようです。
もちろん、これらは無論僕の認識の範囲内なのですが、日本酒や焼酎の差異に比べれば・・・、
「比ぶべくもない」かも。

”ディファレンス”に驚嘆した一時でした。

それにしても、代表の山下貴嗣さんの、深く整理された知識と説明の巧さにも、
それは驚嘆したのでした。
 
author:石原隆司(イシハラタカシ)
1965年東京・上野生まれ。立教大学観光学科卒。演劇音楽評論家・シアタープランナー、食の評論家・飲食プランナーとして活動、“A級グルメの町”島根県邑南町(おおなんちょう)“食のPR大使”を務めるなど、町起こしにも注力!, category:-,
11:46
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.vintagewine.jp/trackback/227