RSS | ATOM | SEARCH
映画「バードマン」とNYCセントジェームズ・シアター
ようやく、映画「バードマン、あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を見ました。
よくできた映画です。そのことは、言い尽くされていると思うので、少し劇場について。

映画の主舞台となるのが、ブロードウェイの劇場、しかもセントジェームズ・シアターなのです。
ジュジャムシン・シアターズ(会社)の主要劇場の一つで、最も華やかな44丁目に面し(目の前は「オペラ座の怪人」
のマジェスティック・シアター1609席)、約1,623席を誇る大型劇場です。
近年は巨大ヒットには恵まれていませんが、その席数も起因して大型ミュージカルがここには多く掛けられます。

映画の中では、ストレートプレイの上演であり、800席との説明でしたが、実際はこんな感じです。
劇場の位置、構造も実物とは異なるであろう描写もまた映画中にありますが、
当劇場の内部がふんだんに撮影されており、また演劇興行の一端もよく描かれていて、
演劇・ミュージカル愛好者にはたまらない内容だと、僕は思います。

「一粒で二度美味しい」。そんな感じの映画でした。


 
author:石原隆司(イシハラタカシ)
1965年東京・上野生まれ。立教大学観光学科卒。演劇音楽評論家・シアタープランナー、食の評論家・飲食プランナーとして活動、“A級グルメの町”島根県邑南町(おおなんちょう)“食のPR大使”を務めるなど、町起こしにも注力!, category:-,
21:10
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.vintagewine.jp/trackback/223