RSS | ATOM | SEARCH
進歩を遂げた中国のワイン
中国のワインを飲みました。
一昔前までは、とても飲めたシロモノではありませんでした。
しかし・・・、今回飲んでみたら、
なかなか美味しいのです。
特に、カベルネSが。(産地はどこかわかりませんが)

補糖をした形跡はあるものの、結構な水準で。
山梨(というか国産)のそこそこ上等なもの比肩する感じです。

侮れませんね!
国土が広いですから、ワインぶどう栽培の適地もたっぷりあるはずです。
そのうち、とてつもないのができたりして。
author:石原隆司(イシハラタカシ)
1965年東京・上野生まれ。立教大学観光学科卒。演劇音楽評論家・シアタープランナー、食の評論家・飲食プランナーとして活動、“A級グルメの町”島根県邑南町(おおなんちょう)“食のPR大使”を務めるなど、町起こしにも注力!, category:-,
01:10
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.vintagewine.jp/trackback/217