RSS | ATOM | SEARCH
野心的で素晴らしい、虎杖(いたどり)の新店、築地「すし鮑(ほう)」
同店が静かに開業しました。
戦前建築の一軒家を、内外とも、美しく化粧直し、というか抜本的に改修。
銅板に覆われた外観、そしてこれも銅を多用した、和モダン風な店内。
NYC・SOHOあたりにありそうなかっこいい店に仕上がっています。

2階はシェフズ・テーブル。
グループ向けに鮨や天ぷらが楽しめ、キッチン台と客席の仕切りがないので、
客の「飛び入り調理」も可能、というユニークな試み。

鮨を中心とした料理も、マグロの食べ比べや洋の素材の導入など、これまた
楽しく美味しく・・・。

素晴らしい店です。そして全てに野心的です。


 
author:石原隆司(イシハラタカシ)
1965年東京・上野生まれ。立教大学観光学科卒。演劇音楽評論家・シアタープランナー、食の評論家・飲食プランナーとして活動、“A級グルメの町”島根県邑南町(おおなんちょう)“食のPR大使”を務めるなど、町起こしにも注力!, category:-,
09:44
-, trackbacks(0), - -
Trackback
url: http://blog.vintagewine.jp/trackback/212